一般的にソーラーカーは乗用車に見られるようにメーターパネルが装備されている。

スムーズに走行するためにドライバーはメーターパネルの見て、問題がないかどうか常に確認しなければならない。

メーターパネルなしの車はほとんどの場合、ワイアレスのテレメトリーが装備されており、ドライバーがエネルギー消費量や太陽エネルギ吸収量、その他のパラメーターをモニターでき、走行に集中できる。

ソーラーカーは航空宇宙、自転車、新エネルギーや自動車産業で使用されているテクノロジーを組み合わせたものである。

ソーラーカーのデザインはエネルギーの容量により制限されている。

ほとんどのソーラーカーはソーラーカーレースのために作られている。

ソーラーカーは太陽光を電気に変える太陽電池を使用するソーラーシステムをベースにしている。

住宅用や産業・企業用で使われる太陽光を熱と電力に変換する太陽熱発電とは違い、太陽電池は太陽光を直接電力に変換する。太陽光線を浴びた太陽電池は電子を引き起こし、電流を発生させる。

太陽電池はケイ素、インジウム合金、ガリウム、窒素などからなる半導体によって作られる。  

結晶シリコンパネル は最も使用されている種類の太陽電池で15-20%の変換効率を持っている。